最新情報

2015年3月13日
「ちぶさが痛い」を追加しました。
2014年3月13日
「胸の真ん中が痛い」を追加しました。
2014年2月3日
「激しい胸痛が突如起こる」を追加しました。
2014年2月2日
サイトをリニューアルしました。
2013年10月9日
「右肩から背中、胸などが痛い」を追加しました。

胸痛い

胸痛い症状が伴う病気は様々ありますが、気を付けなければならないのが心臓病の前兆として起きている場合です。 心臓病は日本人の死因のうち、癌に次いで第2位と非常に恐ろしい病気です。

特に胸痛い症状で気を付けなければならないのが、狭心症や心筋梗塞などの心臓病です。 狭心症は安静にしていれば発作が治まり死に至ることはありませんが、 心筋梗塞は治療が遅れると死に至る大変恐ろしい病気です。

心筋梗塞になると動脈硬化で冠動脈が細くなったところに血栓が出来て、 そこから血液が流れなくなって心筋が死んでしまいます。

胸痛い症状は強烈で、心筋梗塞の胸の痛みは「胸が押しつぶされる」とか、 「鉄の爪で胸を引き裂かれる」などと表現されるほどの激痛が伴います。 その他の症状としては呼吸困難や顔面蒼白、また、意識を失う場合もあります。

心筋梗塞の胸痛い症状は自然に治まる事はないので、 15分以上痛みが続く場合は、心筋梗塞を引き起している可能性が高いです。

胸痛い症状が15分以上続く場合は、すぐに救急車を呼んで下さい。 心筋梗塞は初期段階で適切な治療が出来たかどうかで生命を左右します。 心筋梗塞で倒れた場合は、すぐに救急車を呼び心臓病の集中治療施設のある病院に運ぶようにして下さい。

心筋梗塞などの心臓病は、ある日、突然発作が起こるように思いますが、 実はなんらかの前兆があり、本人が気づかない場合が多いです。 ですので、胸痛い症状などがある場合は病院で検査をしてもらうようにしましょう。

また、胸痛い症状が伴う病気は、肋間神経痛、心臓の弁の異常、自然気胸、解離性第動脈瘤などもあります。 解離性第動脈瘤も死に至る恐い病気ですので、胸痛い症状がある場合は、病院に行き専門医に診てもらうことをお薦めします。

スポンサード リンク

このページの先頭へ